【落語】「渋谷に福来たるSPECIAL 2017」行ってきた【4月2日・夜】

 

こんにちは!ぱんちゃんです。

先日のFFオーケストラの後、夜はこんな場所に行ってきました。

渋谷に福来たるSPECIAL 2017 ~落語フェスティバル的な~ supported by JCB
柳家ムーヴ・春一番/喬太郎三三二人会
4/2(日)19:00開演
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
出演:柳家喬太郎(やなぎやきょうたろう)、柳家三三(やなぎやさんざ)
公式サイトはこちら

お目当ては柳家喬太郎!
先日、「徹子の部屋」に出演した時に「今最もチケットが取れない落語家」と紹介された人気の落語家さんです。

柳家喬太郎との出会い

出会いは数年前。
家の本棚にあった↓この本の中に書かれていた「井戸の茶碗」という落語が私は大変気に入りまして。

志ん生人情ばなし―志ん生の噺〈3〉 (ちくま文庫)
志ん生人情ばなし―志ん生の噺〈3〉 (ちくま文庫)

「文字も良いけど、やっぱり話してるのを聞きたいなー」と動画サイトを漁ったら出てきたのが、柳谷喬太郎が演じる井戸の茶碗の動画。
(動画は各自で探してNE☆)

これがね、めちゃくちゃ面白くて!
声、表情、動き、間の取り方…全部がドストライクで、一目惚れしてしまった、というわけでございます( ´꒳` )

上野や浅草の演芸場行けば見れるんだけど、やっぱり長時間楽しみたい!ということで、チケットを確保して見に行ってきました٩( ᐛ )و

いざ渋谷!

会場の数軒隣にジョナサンがあったので腹ごしらえ٩( ᐛ )و
余談ですがジョナサンのカレーうどんはとっても美味しいからみんな食べてみるといいよ!

そして会場へGO!

4月1日、2日の2日間で8公演やる落語フェスだったんですが、8公演中5公演が満員御礼!
落語人気すげー!

年齢層はなんとなく予想してた通り、親世代ぐらいの人が一番多かったです!
白髪率の高さ!w
でも私と同じぐらいの人もちらほら居て嬉しくなった( ´꒳` )

席はなんと、4列目センターという超良席!
肉眼で表情までバッチリ٩( ᐛ )و

あらすじと感想

今回は柳家喬太郎(以下:キョンキョン)が演じた2つの演目について書くよ!

「転失気(てんしき)」

「転失気(てんしき)」あらすじ

お腹の調子が悪くて医者を呼んだ和尚さん。
「“てんしき”はありますか?」と聞かれた和尚、何のことか分からないけど知らないとは言えず、知った風に「ある」と答える和尚。
すると「じゃあそれに合った薬を出しますね」と医者。
「薬に関わるなら適当じゃいけないが、今更聞くのも恥ずかしい」と悩んだ結果、小僧に「“てんしき”を借りてきなさい」と言ってお使いに出す。
小僧が近所の店に行き「“てんしき”はありますか」と尋ねるが、どの店の人も分からない上に「知り合いに譲った」「壊れてしまった」と知ったかぶり。
最終的に医者に聞きに行き「“てんしき”は“おなら”の事だ」と教えてもらう小僧。
そこで「どの店の人も知ったかぶりをしていたんじゃ?もしかして和尚さんも?」と考えた小僧は、和尚さんにカマをかけて…

知ったかぶりする和尚や店の人と、小僧のやりとりが楽しいお話。
和尚に“てんしき”=“おなら”と聞いてから小僧が「お店の人、『知り合いに譲った』って言ってたな…?『とても良いのがあったんだけど』って…??」と混乱したり、和尚が「うちの“てんしき”をお見せします」と大事そうに箱を持ってきて、医者が「??????」ってなったり、勘違いの連鎖で笑いっぱなしwww

最終的に和尚が「小僧お前!教えてもらったのにわざと黙ってたな!」と怒って、小僧がオチを言って終わりになるんですが、そのオチが分かりやすくてすごくキレイにまとまるのでとても良かった!
オナラの話にキレイって言うのもおかしいですけどwww

刀屋

「刀屋」あらすじ

本郷三丁目 藤村屋新兵衛という刀剣商の店先。
身なりも立派な若侍=飯島平太郎が、中間の藤助を伴い並べてある刀を吟味している。
気に入った刀があったので値の掛引きをしていると、後ろで通り掛かりの酔っ払い=黒川考蔵が藤助に因縁をつけている。
驚いた飯島平太郎は、黒川考蔵に詫びを入れたが…
怪談牡丹燈籠

私ね、キョンキョンの面白い落語しか聞いたことなかったので、これも面白い話かと思ってわくわくしてたんですが、

全然違った。
マジメな話だった。
予想外なのにめちゃくちゃ引き込まれた…!!

今まで聞いてた落語って、色んな人が出てきて、それを声色とかをコロコロ変えて演じ分けてて、まぁ普通に「すごいなー楽しいなー(・∀・)」と思って見てました。

今回の刀屋はね、もうホントすごい。
若侍と酔っ払いのやりとり、ホントに1人で演ってるの??って思うぐらい。

酔っ払いが大声をあげて、若侍が冷静に対応して。
酔っ払いの迫力は、大声だから当然よく伝わってくるんだけど、若侍の静かな中にある気迫みたいなものが、喋りからビシビシ伝わってきました!!!

( ゚д゚)これが…落語家か…!!って思った。
すごい(語彙力)

マジメな話だし、長いお話の序章みたいな部分らしくてオチは無かったんだけど、終わった時の拍手すごかったですよ( ˘ω˘ )

また見に行きたいぞ

予想以上に良い落語が見られて大満足で帰りました٩( ᐛ )و
落語は面白いなー!って改めて思った٩( ᐛ )و

また機会があれば、そしてチケット取れれば行きたいなと思いました(*’∀’人)

おまけ:リンク

柳家喬太郎 – Wikipedia
柳家 喬太郎|一般社団法人 落語協会
柳家喬太郎 (ヤナギヤキョウタロウ) のチケット情報 |チケットぴあ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket