【お出かけ】あらゆるボドゲを体験!「東京ボードゲームコレクション」に行ってきた(後編)

 

前編からの続きですよ!前編はこちらから!

前回までのあらすじ

2016年10月2日、浅草橋で開催された「東京ボードゲームコレクション」に参加した4人。
場内をまわり、ゲームをいくつか体験し、次は各自が買った・持参したゲームで遊ぶことに。
はたして4人の運命は…!?

休憩コーナーで遊んでみた

当てろ!見破れ!「インサイダーゲーム」

インサイダー説明

ルール

マスターが知ってる「答え」を、他のみんなで質問して当てます。
ただし!ただ答えを当てるだけじゃなくて、「他のみんな」の中に、答えを知ってる「インサイダー」が混じっています。
制限時間内(5分?)に答えを導きつつ、最終的にインサイダーは誰?って所まで当てるゲーム。
質問は「イエス・ノー」で答えられる形でしていきます。
例:×=大きさはどのぐらいですか? ○=手のひらより大きいですか?

勝敗の条件

答えを出せたが、インサイダーとバレる=インサイダーの負け
答えを出せ、インサイダーとバレない=インサイダーの勝ち
時間内に答えを出せない=全員の負け

これは全員が過去にやった事があるゲーム。
答えはカードでランダムに決まるんですが、モノ、職業、場所、概念などめちゃくちゃ幅広い!
最初は「食べ物ですか?」「目に見えますか?」などざっくりした質問をしていき、段々と「手のひらに乗りますか?」「素材はガラスですか?」と絞っていきます。

インサイダーは時間内に答えを出さないといけないけど、あんまり鋭い質問をすると「こいつ答え知ってるな?」と思われてしまうので、疑われないギリギリの質問をしてうまく導くのが大事です。
逆に、バンバン質問する庶民が居たら自分はあまり発言せず、「お前めっちゃ質問してたよなぁ~?怪しい~」と濡れ衣を着せるのもアリ。

私がこれをやると、庶民の時でもバンバン質問して答えを求めにいってしまい「お前インサイダーだろ」と濡れ衣着せられるパターンがwww
あと私は嘘が超ヘタなので、インサイダーの時に「お前怪しくね?」って言われると「ちっ、違うよぉフヒヒ!」とバレバレの返しをしてしまい負けます_(:3 」∠)_www
記憶力悪いから、誰が怪しかったとかもあんまり覚えてないしw

ただ質問して答え出してわーい当たった楽しいー!ってならないところが面白いんですが、単純な私にはだいぶ難しいゲームですw

協力して真相解明「ブラックストーリーズ」

black01「ズ」抜けてた…orz

事件の真相をみんなで当てるゲーム。
「ウミガメのスープ」と言えば聞いたことある人も居るかも?あれ系ゲームです。

ルール

マスターが事件のカードを引き、事件の概要が書いてある面をみんなで見ます。
真相が書いてある面はマスターだけが確認します。
マスター以外の人はマスターに「イエス・ノー・分からない」で答えられる質問し、真相を解明していきます。

質問して答えを導くのはインサイダーゲームと同じだけど、こっちはインサイダー的な役職が無く、制限時間もありません。
それと、勝ち負けもありません。
協力プレイで解決!やったー!という達成感を味わうやつですね。

ルールだけ見るとインサイダーゲームより単純ですが、真相が複雑なので難しい!
実際やった事件のひとつがこちら↓

「山のふもとで、短いマッチを持った全裸の男が死んでいた」

これだけ\( ‘ω’)/
何これ全然分からん…ってところから質問を繰り返して真相に近付く!

山のふもとに注目して「山のふもと以外でも同じ事は起きますか?」
短いマッチに注目して「マッチが急所に刺さって死んだ?」
全裸に注目して「男は自分の意思で裸になりましたか?」「露出の趣味がある人でしたか?」
など、思いつくことをマスターにバンバン質問!

この時はDちゃんが真相に繋がる質問をし、それを聞いた私に神が降りてきて真相解明!
いやー難しかった!でも楽しい!気持ちよかったー٩( ᐛ )و
真相はここには書きませんので、ぜひ実際に遊んでみてね!

ひらめけ!歌え!「ライムパーティー」

最後にやったのは、ラップを作って披露するゲーム。

ルール

場にワードカード(たくさん)を並べ、テーマカード(1枚)を置きます。
場にあるワードカードを使い、テーマに合ったラップを作れたらそのカードをゲットできます。
青いカードは1点、赤いカードは2点で、最初に10点獲得した人が勝ちです。

ルールは動画見た方が分かりやすい!

 
ラップなので韻を踏むのは絶対条件で、さらに、テーマに合ったものを考えないといけないので、めちゃくちゃ難しい…!!

例えば「友情」というカードがあったとします。
それを見て「空調」「通常」「柔道」など韻を踏む単語は思いつくけど、それをテーマに合ったラップにするとなると、思い浮かばなくてう~~~ん…となってしまうこと多数( ˘•ω•˘ )
カード以外の言葉は全部自分で考えるので、韻を踏めてもそっちの部分が頭の中でうまく組み立てられなくて、私はほぼ毎回「あ!出来た!いや待って!前半がうまいこと行かん」と言ってたような気がwww

bodoge03
画像は私がゲットしたカード。
「面倒」のカードは、テーマが「学校」の時に

色々言われてマジ面倒!
でもお世話になりました先公!

でゲット(*’∀’人)
良くないこれ?かっこ良くない??

まぁ最終的に勝ったのはDちゃんでしたがw
なんでも、前日に練習したとかwどんだけやりたかったのwww

ちなみにこれやってる時に取材の人が来て、プレイ中の楽しげな写真を撮って行かれました。
何の雑誌・サイトか聞かなかったので、ライムパーティーで遊んでる人の写真を見つけた人は連絡くださいwww

Dちゃん勝利後、「下ネタ」というテーマカードがあるのを見つけ、3点先取でちょこっとやろうぜ!となったんですが、色々ゲームやって打ち解けたとは言え、私とDちゃん、HさんとDちゃんは初対面。

\\\初対面で下ネタでラップ披露///

正気の沙汰ではない( ˘ω˘ )

私は「電話」のカードを使い

彼女と電話!オレ全裸!

というギリギリ最低なラップを披露しました。
その後の事はあんまり覚えてないです( ˘ω˘ )

そして閉会へ…

12時過ぎに来て、遊んでたらいつのまにか17時の閉会時間に。
楽しい時間はあっという間ですねぇ。
挨拶の人が「来年も開催できたら…」みたいな事を言っていたので、来年も来れたらいいなと思いました(*’∀’人)

楽しいなぁボドゲ!テレビゲームと違ってどこでも出来るし、ゲーム機もいらないから誰とでも楽しめるし。
私は今回何も買ってないんですが、面白そうなゲームあったら次は買っちゃうかもね!
とりあえずブラックストーリーズの続編的なやつが気になっています( ˘ω˘ )そわ…そわ…

関連サイト・レポートなど

◆東京ボードゲームコレクション公式サイト
◆東京ボードゲームコレクションのTwitter
◆2016年に開催されるボードゲームイベントまとめ
◆大盛況!東京ボードゲームコレクション2016年の取材・会場レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら!

メールアドレス、ウェブサイトは空欄でOKです。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。